ランクルとハイラックスサーフの違いを比較

見た目が何となく似ているランドクルーザーとハイラックスサーフですが、何が違うのか?

大きなごつごつしたタイヤに大径ホイール、ホイールトラベルのあるホイールアーチに、高い全高など確かに両車はよく似ていますが、まったく別の車です。

では、クラウンとカローラは何が違うのか?
これに例えるとわかりやすいと思います。

これも同様に見た目が何となく似ているので同じような車に見えるのです。

3ボックスセダン形状のボディにトヨタのマークが入っている・・・。

ただこれだけでクラウンとカローラを同じ車として見る方はほとんどいないでしょう。

むしろ金持ちと貧乏人、単身とファミリー、威厳のある車と見向きもされない車、割り込みのときにすっと入れてくれる車と絶対に譲ってくれない車などと明確に差別化することができると思います。

クラウンとカローラでこれだけ明確な答えが出るというのは、見る人は両車の車を知っているからです。

ランドクルーザーとハイラックスサーフを混同した目で見るというのは、ランドクルーザーとハイラックスサーフが何たるかを知らないからなのです。

では一台ずつ見ていきましょう。

まず、ランドクルーザーは軍用車両上がりのオフロードマシンで、悪路を走るために作られた車です。

強靭なラダーフレームにオフロード用の4WDシステム、大きなボディにリヤはリジットサスペンションと200系ではだいぶ軟弱化してしまいましたが、オフロードの王者と言っていい車です。

ジャンル的にはクロスカントリー4WDということになります。

一方、ハイラックスサーフは日本で小型トラックとして販売していた、ハイラックスにパートタイム4WDを搭載したピックアップトラックに当初は樹脂製のシェルを荷台に取り付けただけの簡易的なSUVです。

SUVの条件であるトラック譲りのラダーフレームに優れた悪路走破性を発揮する4WDシステム、たくさんの荷物を載せることができるラゲッジスペースを持つ車で、用途としてはアウトドアスポーツを楽しむためにたくさんの荷物を載せて走る、レジャーをするための車です。

ジャンル的には完全なSUVです。

ランドクルーザーはクロスカントリー4WD、ハイラックスサーフはSUV、これが結論であって全く違う車であることがわかると思います。

しかし、世の中はこういった違いが分かる人がほとんどいません、それが例え現在ランドクルーザーのオーナーであったりハイラックスサーフのオーナーであってもです。

それにここ最近特に騒がれているクロスオーバーSUVが登場してからというもの更に明確にわかる人がいなくなってしまったのです。

この違いを知るのはそれほど難しくないと思うのです。

簡単に言います、オフロードを走るために作られたのがランドクルーザーです。

キャンプやスキー、サーフィンなどアウトドアスポーツをするために乗る車がSUVのハイラックスサーフです。

ついでにクロスオーバーSUVも言っておきましょう、SUVを作りたいがSUVの定義の一つであるラダーフレームを使って作られていない「なんちゃってSUV」がクロスオーバーSUVです。

これだけ単純に考えれば誰でもわかると思います。

これでも理解できない方は見た目とどれも4WDシステムが搭載されていることに惑わされているのでしょう。

では4WDシステム目線で見てみましょう。

オフロードマシンであるランドクルーザーは、オフロードを走るために高いトラクション性能を確保するために4WDシステムが付けられています。

SUVのハイラックスサーフはアウトドアスポーツを行う場所にありがちな、それ程荒れていない砂地や泥道、未舗装路、除雪された雪道などを走ることがまれにあるのでそれに備えてある程度の悪路走破性を持っていなければならないので、4WDシステムが付けられているのです。

そしてなんちゃってSUVのクロスオーバーSUVはSUVの真似っこですからSUVに4WDシステムがついていれば、クロスオーバーSUVにも4WDシステムを付けただけということです。

見た目はデザイン次第でどうにでもなりますので、違いを知ることは難しいでしょう。

車を見る時はボディの形状やデザインではなく、何のために何をするために作られたのかを知ればすぐに理解できるでしょう。

良質のランドクルーザーを相場より10万円安く買う方法!

ランドクルーザーなど中古車を買いたい場合、中古車情報誌や自宅周辺の買取店に何度も出向いて探すのが、これまでの常識というかキホンでした。

そこで今回、できるだけ良質のランドクルーザーを、そこらへんの中古車販売店よりも、ほぼ確実に安く買いたい場合の秘策を伝授します!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うランドクルーザーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

なびくるといえば、中古車買取業者としてお馴染みなのだが、実は中古車を探すサービスもやっていることは、意外と知られていません。

こんな便利なサービスを使わないなんて、ホントもったいない!

毎日500台、年間約60万台の車両が入荷されているので、中古車市場ではランドクルーザーの台数もかなり多く入ってきます。

もちろん、漠然とした条件しかイメージしていなくても、そこは中古車のプロの仕事。
あなたのライフスタイルにあった最高に1台を何度も提案しながら見つけてくれるから、もう言うことなし!

そして、家にいながら楽チンで車を探せるという便利なサービスでありながら、そこらへんの中古車販売店よりも格段に安いのです!

それもそのはず、普通の中古車ショップに並ぶ前の、まだ市場に出回っていない良質な非公開のクルマを先取りして優先的に紹介してくれるので、店頭に並ぶまでのいくつもの中間業者へ払うマージンがすべてカットされているから安いのです。

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったランドクルーザーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

もちろん、紹介されたからといっても、必ず買う必要はまったくありません。
実車を確認して、「条件に合ってはいるが気に入らない」「なんとなくビビっとこない」などを理由に断ってもまったく問題なく、キャンセル料なども一切かかりません。

そのうえ、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

修復歴があるクルマなども一切なく、保証は10年も付いていて、ローン払いでの購入も可能。
まさに、至れり尽くせりのサービスなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったランドクルーザーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

▼ランクルとハイラックスサーフの違いは? ※ジャンルも違う別の車・・・

【概要】
見た目が何となく似ているランドクルーザーとハイラックスサーフですが、何が違うのか? 大きなごつごつしたタイヤに大径ホイール、ホイールトラベルのあるホイールアーチに、高い全高など確かに両車はよく似ていますが、まったく別の車…

Copyright (C) 2014 ランドクルーザーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.