ランクルのメリットとデメリットは?

どんな車にも長所や短所があるが、ランドクルーザーという車はその良し悪しがはっきりとしている車といっていいだろう。

200系で見てみると、ランドクルーザーの最大のメリットなるのは優れた悪路走破性だろう。

200系になってほとんどが電子制御化され手間いらずとなったために、オフロードマニアからは不評を買っているが、V型8気筒4.6リッターの1UR-FEエンジンは最大出力308psとスポーツモデル並みのパワーを持ち、46.9kgf・mというすさまじいトルクを持っているため、よほどアップダウンが厳しく4WDシステムをもってしてもスタックしてしまうような路面でない限り、ほとんどの悪路を走破することができるだろう。

4WDシステムもダイヤルをひねって適切なモードに切り替えるだけで優れたトラクション性能を発揮するマルチテレインセレクトや超低速走行を自動的に行うクロールコントロールシステム、空転したタイヤにブレーキをかけ、反対側のタイヤにトラクションが強くかかるようにするアクティブトラクションコントロールなど、オフロード走行に長けたドライバーが行うようなことをすべて電子制御デバイスで行うようになっているのだ。

もちろんフレームは軟なモノコックボディではなく、非常に強固なラダーフレームで、これはかなり魅力的だろう。

それから悪路走破性の欠かせないサスペンションもこれもまた大きなメリットで、コイルスプリングとフロントのダブルウィッシュボーンというオフロード走行にはあまり向かない構造になっているが、それをカバーするかのように最大10センチもの車高調整が効き、ショックアブソーバーの減衰力も変化させることができるアクティブ・ハイト・コントロール・サスペンションやアダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム、それからオフロード走行では邪魔になるスタビライザーも電子制御で、その効力を変化させるキネティックダイナミックサスペンションシステムが付けらており、路面にあわせて適切な効き具合を得ることができるようになっている。

次にボディだが、デザイン的には好き嫌いがあるので何とも言えないが、オフロードマシンらしいイカついイメージのある大きなボディは見た目としてはメリットとなるだろう。

インテリアもまさに高級ラグジュアリーセダンのような面持ちで、本革シートや木目調のインテリアパネルなどがはめ込まれていて高級感を出している。

それから走行性能だが、パワーのあるエンジンを搭載してるが重量があるため、きびきびした走りはできないが、それでも日本国内のどこででも快適な走りはできるのが大排気量車のスゴさといっていいだろう。

全高や着座位置が高いおかけで、見晴らしもよく、渋滞にハマってもあまり圧迫感を感じることがない。


【スポンサードリンク】

一方、デメリットだが、これはかなりオーナーに負担がかかるところだろう。

1つ目は燃費。この低燃費ブームの中でV型8気筒の4.6リッターエンジンというエンジン排気量がやたらと大きいものを搭載しており、重量も車両重量で軽く2.5トンを超える、そして全高が高く、全幅も広いボディを持っているため、前面投影面積が広いことなどによって最大で6.9km/Lというはかなりひどい数値になっている。

トヨタのカタログ燃費というのはかなりサバを読むことで有名で、実燃費とはかなりかけ離れていることが多いため、実際には3km/L程度と思った方がいいだろう。

見る見るうちに、驚くほどの早さで、ガソリンが減っていくことだろう。

それからエンジン排気量が大きいということは、エンジン排気量によって税額が決められる自動車税も半端ない金額になっている。

4.6リッターエンジンなので、4.5リッター超え6リッター以下のランクとなり、その税額は何と88000円!、それから2.6トンにもなる重量で重量税も2年で49200円と、これもまたとんでもない金額となっているのだ。

つまり、税金だけで年間11万円以上もかかってしまうということだ。

それから普段の使い勝手を考えるとやはり全長約5メートル、全幅約2メートルの大型ボディを持っているとなると取り回しはかなり厳しくなることだろう。

視界がいいので運転はしやすいのだが、絶対的な小回りが利かないため、都心部や下町では少々難儀するだろう。

ボディのデザインについても好き嫌いがあると思うが、ここ最近流行りの流線型を主体としたデザインが多くなっている中で見ると少々ダサいと思ってしまうかもしれない。

ただこういったメリットデメリットもこのランドクルーザーにどういった価値観を持っているかによって大きく変わってくることになるので、一概には言えないが、地方などで実用重視の車として使うのであれば何の問題もないだろう。


【スポンサードリンク】

▼ランクルのメリット・デメリットは? ※悪路走破性は魅力だが・・・

【概要】
どんな車にも長所や短所があるが、ランドクルーザーという車はその良し悪しがはっきりとしている車といっていいだろう。 200系で見てみると、ランドクルーザーの最大のメリットなるのは優れた悪路走破性だろう。 200系になってほ…

Copyright (C) 2014-2019 ランクルファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.