ランクルのオフロードカスタムについて

ランドクルーザーをカスタムする上で一番のランクルの魅力を引き出すことができる方法というのがオフロードを意識したものでしょう。

そもそもカスタムというのは意味があって行うものであって、ただ単に見た目をよくするためのドレスアップとは大きく違います。

特にランドクルーザーのように目的がはっきりしている車はその目的にポイントを絞ったうえで行うときれいに収まり、見た目だけのドレスアップよりもかっこよく見えるでしょう。

では、何をしたらよいか?

その判断をするのは簡単です。要はその部品を付けたり、追加したり、加工したりすることによって悪路走破性が向上するかしないかを考えればいいのです。

その考えに従っていけば、メッキパーツをゴチャゴチャと付けたり、偏平率の低いタイヤを付けたり、車高を落としたりということは絶対にありえません。

SUVのランドクルーザー・プラドならそういうのもありかもしれませんが、オフロードマシンであるランドクルーザーでは決してやってはいけないことです。

悪路走破性を上げるには、まず足回りです。

ランドクルーザーの200系で見ると最低地上高が225㎜、アプローチアングルが30度、デパーチャーアングルが20度、ランプブレークオーバーアングルが25度、最大渡河性能が700㎜ということになっていますが、これでは不十分です。

この全ての性能を向上させるには最低地上高を高くとる必要があります。

最低地上高を高くとるにはいろいろな方法がありますが、一番簡単にできるのがサスペンションによって車高を高くすることです。

要するにシャコタンの逆でコイルスプリングやショックアブソーバーの有効長を長くすることによって最低地上高を高くとります。

70系などリーフスプリングであればシャックルでおこなったり、ホーシング逆付けという手もあります。

それとこれはかなりお金と手間がかかるものですが、ボディリフトという手段もあります。

これはサスペンション周りはそのままでラダーフレームとボディの間に金属製の台座をかませて、ボディだけを高い位置に置くというもので、最低地上高はあまり高くとることはできませんが、サスペンションのストロークにも影響が出ないので、オンロードとオフロードの両方を走る場合の究極の方法として用いられれます。

これらの方法をつかって最低地上高を高くとったら今度はサスペンションのセッティングです。
最近のモデルでは電子制御式のサスペンションがついていて、いじりにくくなっているのですが、本格派を目指すには少々役不足ですので、電子制御部分をそっくり取り外して、性能が優れている車外品に交換した方がいいでしょう。

ストロークもたっぷりとれますし、自分好みの硬さや減衰力が選べるのでかなり有効です。
それから車を守ることも忘れてはいけません。

オフロード走行は車の下まわりをガンガンこすって走ります。

しかし車の下側には重要な部品や配線、配管などが通っているので、しっかりとそれらを守らなければならないのです。

ラリーマシンなどにもつけられているのですが、アンダーガードをしっかりと付けた方がいいでしょう。

アクセサリー感覚のアルミ製のものも売られていますが、ここは鉄板かジュラルミン製の頑丈なものがいいでしょう。

それからオフロード走行での命綱となるウィンチも必要でしょう。

ひどい路面ですとさすがのランドクルーザーでもスタックしてしまいます。

そういう時に頼りになるのがウィンチ、ウィンチのワイヤーを周りにある木や岩などに引っ掛けて、ウィンチで引っ張る力と車のトラクションの両方を使って脱出するのです。

ウィンチには電動モーターを使った電動ウィンチとエンジンの駆動力を使った機械式があるのですが、最近の主流は電動ウィンチで100系までは純正オプションとして用意されていました。

しかし200系では用意されておらず、社外品に頼ることになるのですが、200系ではウィンチを取り付けることが考えられていない作りになっているのでウィンチ取り付け部の補強などが必要になります。

適当につけるとバンパーがはずれます。

それとウィンチを付けたのなら、ランドアンカーも載せておきましょう。

ランドアンカーは周りにウィンチのワイヤーをかけるところがない時に使うもので、引っ張ることによって地面に埋まる構造となっており、そこにウィンチのワイヤーをかけて使うという即席ウィンチポイントです。

使わなくてもそれが載せてあるだけでもかっこいいです。

あとはタイヤです、とりあえずマッドアンドスノーなどがついていれば万能だと思いますが、走るステージが決まっている場合はその専用タイヤがいいと思います。

間違ってもSUV用のオンロード志向のタイヤなど付けてはいけません。

とりあえずこれらがついていればそれらしく見えますので、あとは好みに応じて追加していくとよいでしょう。

良質のランドクルーザーを相場より10万円安く買う方法!

ランドクルーザーなど中古車を買いたい場合、中古車情報誌や自宅周辺の買取店に何度も出向いて探すのが、これまでの常識というかキホンでした。

そこで今回、できるだけ良質のランドクルーザーを、そこらへんの中古車販売店よりも、ほぼ確実に安く買いたい場合の秘策を伝授します!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うランドクルーザーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

なびくるといえば、中古車買取業者としてお馴染みなのだが、実は中古車を探すサービスもやっていることは、意外と知られていません。

こんな便利なサービスを使わないなんて、ホントもったいない!

毎日500台、年間約60万台の車両が入荷されているので、中古車市場ではランドクルーザーの台数もかなり多く入ってきます。

もちろん、漠然とした条件しかイメージしていなくても、そこは中古車のプロの仕事。
あなたのライフスタイルにあった最高に1台を何度も提案しながら見つけてくれるから、もう言うことなし!

そして、家にいながら楽チンで車を探せるという便利なサービスでありながら、そこらへんの中古車販売店よりも格段に安いのです!

それもそのはず、普通の中古車ショップに並ぶ前の、まだ市場に出回っていない良質な非公開のクルマを先取りして優先的に紹介してくれるので、店頭に並ぶまでのいくつもの中間業者へ払うマージンがすべてカットされているから安いのです。

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったランドクルーザーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

もちろん、紹介されたからといっても、必ず買う必要はまったくありません。
実車を確認して、「条件に合ってはいるが気に入らない」「なんとなくビビっとこない」などを理由に断ってもまったく問題なく、キャンセル料なども一切かかりません。

そのうえ、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

修復歴があるクルマなども一切なく、保証は10年も付いていて、ローン払いでの購入も可能。
まさに、至れり尽くせりのサービスなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったランドクルーザーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

▼ランクルのオフロードカスタム ※悪路走破性を上げる方法とは・・・

【概要】
ランドクルーザーをカスタムする上で一番のランクルの魅力を引き出すことができる方法というのがオフロードを意識したものでしょう。 そもそもカスタムというのは意味があって行うものであって、ただ単に見た目をよくするためのドレスア…

Copyright (C) 2014 ランドクルーザーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.