ランクルのデフロック構造について

ランドクルーザーのようなオフロードマシンでは、普通の車がスタックしてしまうような深い泥道や雪道などの悪路も走ることができます。

しかし、どんなところでも走れるというわけではなく、車自体がそういった性能や機能を持っていなければならないのです。

悪路を走るために一番重要なことは、エンジンで生み出されたパワーのすべてを四輪のタイヤに伝えることで、そのためオフロードマシンには4WDシステムというものが付けられています。

四輪駆動はエンジンからトランスミッション、トランスファー(フルタイム4WDなどではセンターデフ)、そこから前後に伸びるプロペラシャフトから前後のデファレンシャルギヤにトラクションを伝え、最後に左右に伸びているドライブシャフトによって一つのトラクションを4つのタイヤに分配しているのです。

しかし、この中でトラクション性能を減少させる機能を持つものがあり、それによって悪路走破性を著しく低下させてしまうのです。

それがデファレンシャルギヤです。

4WDでは前輪駆動用と後輪駆動用の2つのデファレンシャルギヤを持っています。

どちらも基本的には同じ構造でプロペラシャフトから入ってきたトラクションを左右のタイヤに均等に分ける機能とコーナーを曲がった時や左右で違う路面を走った時などに起こる左右の回転差を干渉する機能があります。

このうち、トラクション性能を低下させるというのが左右均等にトラクションを分配するという機能です。

例えば、舗装路を走っているとします。

その時に左右のタイヤが確実にグリップし、トラクションは50:50で分けられていることになります。

しかし、片輪だけがグリップの悪い路面に入ってしまい空転した場合、タイヤが空転するということはトラクションが0ということで、左右に均等にトラクションを分配するデファレンシャルギヤは反対側のタイヤにも一切トラクションを伝えなくなるのです。

見た目にはグリップの悪いタイヤが激しく空転して見えます。

これがFFやFRのように二輪駆動であるとすれば、前へ進もうとする力がかからず、その場で止まってしまうのです。


【スポンサードリンク】

しかし4WDは後輪がそうなっても前輪があるので走ることができるのですが、もし前輪にも同じような状態が起こってしまったらどうでしょうか。

これはオフロード走行にはよくあることなのですが、前輪も後輪も空転して動かなくなってしまうのです。

そこで考えられたのがデフロック機構というものです。

これはデファレンシャルギヤの左右を直結した形にするもので、多くのものでは内蔵されたクラッチを圧着する構造となっており、70系などではインパネにあるダイヤルをひねることでその機能を使ったり解除したりすることができるようになっています。

左右のドライブシャフト直結された状態であれば、右側のタイヤが空転したとしてもグリップしている左側のタイヤもまわるので前に進むことができるのです。

ただ、デフロック状態で左右の下回転差を吸収することができないので、パートタイム4WDのトランスファー操作と同じようにオフロード走行下で限定的に使うという使い方になります。

ただ、かなり負担がかかる部分であるためよく故障することが多く、修理にも出されることが多いのですが、一番多い故障の原因はグリップの高いところで無理やり使ったことによることが多く、機械的な欠陥ではなく、ヒューマンエラーであることがほとんどだそうです。

特にこのデフロック機構が付けられている中古車を買った時は注意が必要かもしれません。

デフロックスイッチを動かしたときにデフロックインジケーターが点滅している場合は、クラッチ機構の呼称かそれを動かすアクチュエーターの不良であるため交換修理が必要になります。

それからこの機能は基本的メーカーオプションとして付けられているため後付けするのが難しいものですが、ホーシングなど周りの部品ごと交換すればできないことはありません。

しかし、かなりお金がかかるとみていいでしょう。


【スポンサードリンク】

▼ランクルのデフロック構造について ※悪路走破性を低下させる機能とは・・・

【概要】
ランドクルーザーのようなオフロードマシンでは、普通の車がスタックしてしまうような深い泥道や雪道などの悪路も走ることができます。 しかし、どんなところでも走れるというわけではなく、車自体がそういった性能や機能を持っていなけ…

Copyright (C) 2014-2019 ランクルファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.