ランクルのガソリンはハイオクにすべき!?

ランドクルーザーには従来からガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルがあり、ガソリンエンジンモデルはガソリン、ディーゼルエンジンモデルは軽油を燃料としています。

しかし、ガソリンエンジンモデルは80系までは全てガソリンの仕様を限定することはなく、比較的ガソリン代が安いレギュラーガソリンを入れればよかったのですが、100系からはシグナスを含めてすべてハイオク仕様となっています。

ハイオクガソリンは、レギュラーガソリンに比べて、平均的に10円から20円ほど高くなっており、単価として見れば大した金額差ではありませんが、それは何十リッター、何百リッターと使っていくうちにその金額差がジャブのようにだんだん効いてきます。

特に燃費がかなり悪いランドクルーザーでは顕著に出ることでしょう。

レギュラーガソリンでも大丈夫な車にハイオクガソリンを入れても全く悪い影響はなく、むしろエンジン内部の洗浄性能が高いのでエンジンのスラッジが少なくなりますし、使い方によってトルクが若干太ることからアクセルペダルの踏む量が少なくなり、それが燃費の向上に繋がることもありますので、ある意味いいことづくめでしょう。

しかし、その逆の場合はどうかというと、ハイオクガソリン仕様の200系にレギュラーガソリンを入れた場合ですが、入れたからといってエンジンがブローするといったような大きなトラブルに至ることはありません。

どちらかというと壊れるということではなく、そのエンジンの性能をフルに使えないといった程度のものです。

そもそもハイオクガソリンとレギュラーガソリンで何が違うかですが、簡単に行ってしまえば「オクタン価」という一つの指標となる数値が違うのです。

レギュラーガソリンはだいたい90~91、ハイオクガソリンは98~100とハイオクガソリンの方が少しオクタン価が高いことにになるのです。

オクタン価が何をあらわしているかというとそれはシリンダー内でのノッキング、いわゆる異常着火の起きにくさをあらわすもので、数値が高ければ高いほどノッキングを起こしにくいということなのです。


【スポンサードリンク】

ノッキングといえばマニュアルトランスミッションでクラッチミートを失敗して時やシフトミスをしたときなどエンジンに異常な負荷がかかった時にその負荷から発生する高圧縮状態によって点火時期ではないときに混合気が燃焼してしまい、ガラガラとかカラカラなどという音を立てながらエンジンの大きなダメージを与えるものですが、ご存じのとおりこの世の中オートマチックトランスミッションやCVTを搭載してモデルが多くなり、ランドクルーザー200系もすべてオートマチックトランスミッションだけとなっているのでそういったノッキングが起こることはなく、起きたとしてもどこかトラブルが起きている時だけであって、通常はノッキングが起こることはありません。

ではどうしてハイオク仕様なのか?

それはエンジンの能力をとことん使い切ろうというせってぃぐがされているからです。

これは何もランドクルーザーに限ったことではなく、ハイオク仕様の車全体に言えることなのですが、パワーを向上させる、燃費を向上させるにはシリンダー内でより強い爆発を起こさなければなりません。

そのためには圧縮比を高くする必要があるのですが、圧縮比が高い状態ではバルブタイミングやエンジン負荷、点火時期、燃料噴射量やタイミング等の変化によってノッキングが起こりやすくなってしまうのです。

ECUではそういったことが起きないように精密な制御を行っているのですが、それでも防ぐことができないこともあり、その予防としてノッキングが起きにくいハイオクガソリンを使うのです。

そういった中である意味ノッキングが起こりやすいレギュラーガソリンを入れたらノッキングしまくりになるのではないかと思いがちですが、自動車メーカーもバカではありません。

そういったことになる可能性を考え、ECU内のデータをハイオクガソリンを入れた時の燃調、点火タイミングなどのマップ以外に緊急用としてレギュラーガソリン用のマップも入れてあるのです。

車がノッキングの状態を見てそれを判断し、レギュラーガソリン相当のオクタン価であると判断した時は即座にレギュラーガソリン用のマップを使って、安全マージンを取ったエンジン起動をするのです。

ですから、レギュラーガソリンを入れたからといってすぐに壊れることはありません。


【スポンサードリンク】

▼ランクルのガソリンはハイオク!? ※100系からはハイオク仕様だが・・・

【概要】
ランドクルーザーには従来からガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルがあり、ガソリンエンジンモデルはガソリン、ディーゼルエンジンモデルは軽油を燃料としています。 しかし、ガソリンエンジンモデルは80系までは全てガ…

Copyright (C) 2014-2019 ランクルファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.