ランクルのガソリンはハイオクにすべき!?

ランドクルーザーには従来からガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルがあり、ガソリンエンジンモデルはガソリン、ディーゼルエンジンモデルは軽油を燃料としています。

しかし、ガソリンエンジンモデルは80系までは全てガソリンの仕様を限定することはなく、比較的ガソリン代が安いレギュラーガソリンを入れればよかったのですが、100系からはシグナスを含めてすべてハイオク仕様となっています。

ハイオクガソリンは、レギュラーガソリンに比べて、平均的に10円から20円ほど高くなっており、単価として見れば大した金額差ではありませんが、それは何十リッター、何百リッターと使っていくうちにその金額差がジャブのようにだんだん効いてきます。

特に燃費がかなり悪いランドクルーザーでは顕著に出ることでしょう。

レギュラーガソリンでも大丈夫な車にハイオクガソリンを入れても全く悪い影響はなく、むしろエンジン内部の洗浄性能が高いのでエンジンのスラッジが少なくなりますし、使い方によってトルクが若干太ることからアクセルペダルの踏む量が少なくなり、それが燃費の向上に繋がることもありますので、ある意味いいことづくめでしょう。

しかし、その逆の場合はどうかというと、ハイオクガソリン仕様の200系にレギュラーガソリンを入れた場合ですが、入れたからといってエンジンがブローするといったような大きなトラブルに至ることはありません。

どちらかというと壊れるということではなく、そのエンジンの性能をフルに使えないといった程度のものです。

そもそもハイオクガソリンとレギュラーガソリンで何が違うかですが、簡単に行ってしまえば「オクタン価」という一つの指標となる数値が違うのです。

レギュラーガソリンはだいたい90~91、ハイオクガソリンは98~100とハイオクガソリンの方が少しオクタン価が高いことにになるのです。

オクタン価が何をあらわしているかというとそれはシリンダー内でのノッキング、いわゆる異常着火の起きにくさをあらわすもので、数値が高ければ高いほどノッキングを起こしにくいということなのです。

ノッキングといえばマニュアルトランスミッションでクラッチミートを失敗して時やシフトミスをしたときなどエンジンに異常な負荷がかかった時にその負荷から発生する高圧縮状態によって点火時期ではないときに混合気が燃焼してしまい、ガラガラとかカラカラなどという音を立てながらエンジンの大きなダメージを与えるものですが、ご存じのとおりこの世の中オートマチックトランスミッションやCVTを搭載してモデルが多くなり、ランドクルーザー200系もすべてオートマチックトランスミッションだけとなっているのでそういったノッキングが起こることはなく、起きたとしてもどこかトラブルが起きている時だけであって、通常はノッキングが起こることはありません。

ではどうしてハイオク仕様なのか?

それはエンジンの能力をとことん使い切ろうというせってぃぐがされているからです。

これは何もランドクルーザーに限ったことではなく、ハイオク仕様の車全体に言えることなのですが、パワーを向上させる、燃費を向上させるにはシリンダー内でより強い爆発を起こさなければなりません。

そのためには圧縮比を高くする必要があるのですが、圧縮比が高い状態ではバルブタイミングやエンジン負荷、点火時期、燃料噴射量やタイミング等の変化によってノッキングが起こりやすくなってしまうのです。

ECUではそういったことが起きないように精密な制御を行っているのですが、それでも防ぐことができないこともあり、その予防としてノッキングが起きにくいハイオクガソリンを使うのです。

そういった中である意味ノッキングが起こりやすいレギュラーガソリンを入れたらノッキングしまくりになるのではないかと思いがちですが、自動車メーカーもバカではありません。

そういったことになる可能性を考え、ECU内のデータをハイオクガソリンを入れた時の燃調、点火タイミングなどのマップ以外に緊急用としてレギュラーガソリン用のマップも入れてあるのです。

車がノッキングの状態を見てそれを判断し、レギュラーガソリン相当のオクタン価であると判断した時は即座にレギュラーガソリン用のマップを使って、安全マージンを取ったエンジン起動をするのです。

ですから、レギュラーガソリンを入れたからといってすぐに壊れることはありません。

良質のランドクルーザーを相場より10万円安く買う方法!

ランドクルーザーなど中古車を買いたい場合、中古車情報誌や自宅周辺の買取店に何度も出向いて探すのが、これまでの常識というかキホンでした。

そこで今回、できるだけ良質のランドクルーザーを、そこらへんの中古車販売店よりも、ほぼ確実に安く買いたい場合の秘策を伝授します!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うランドクルーザーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

なびくるといえば、中古車買取業者としてお馴染みなのだが、実は中古車を探すサービスもやっていることは、意外と知られていません。

こんな便利なサービスを使わないなんて、ホントもったいない!

毎日500台、年間約60万台の車両が入荷されているので、中古車市場ではランドクルーザーの台数もかなり多く入ってきます。

もちろん、漠然とした条件しかイメージしていなくても、そこは中古車のプロの仕事。
あなたのライフスタイルにあった最高に1台を何度も提案しながら見つけてくれるから、もう言うことなし!

そして、家にいながら楽チンで車を探せるという便利なサービスでありながら、そこらへんの中古車販売店よりも格段に安いのです!

それもそのはず、普通の中古車ショップに並ぶ前の、まだ市場に出回っていない良質な非公開のクルマを先取りして優先的に紹介してくれるので、店頭に並ぶまでのいくつもの中間業者へ払うマージンがすべてカットされているから安いのです。

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったランドクルーザーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

もちろん、紹介されたからといっても、必ず買う必要はまったくありません。
実車を確認して、「条件に合ってはいるが気に入らない」「なんとなくビビっとこない」などを理由に断ってもまったく問題なく、キャンセル料なども一切かかりません。

そのうえ、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

修復歴があるクルマなども一切なく、保証は10年も付いていて、ローン払いでの購入も可能。
まさに、至れり尽くせりのサービスなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったランドクルーザーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

▼ランクルのガソリンはハイオク!? ※100系からはハイオク仕様だが・・・

【概要】
ランドクルーザーには従来からガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルがあり、ガソリンエンジンモデルはガソリン、ディーゼルエンジンモデルは軽油を燃料としています。 しかし、ガソリンエンジンモデルは80系までは全てガ…

Copyright (C) 2014 ランドクルーザーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.