ランクルのハイブリッド化について

エコブームによってその効果も構造も全く知らない人たちが、国のエコ事業による税収の増加を狙った働きかけと、それに答えたトヨタの販売戦略によって「エコカー」という魔法の言葉に惑わされ、わざわざ高いハイブリッドモデルを買っている現在ですが、そういったことに全く影響を受けていない車種がランドクルーザーのような大型クロスカントリー4WDです。

ハイブリッド先進企業であるトヨタでさえ、このジャンルに手を出すことはなく、今までは燃費が悪くて当たり前というような形で扱ってきたのですが、ここ最近トヨタから大型SUVクラスにもハイブリッドモデルを作るという発表がありました。

世の中ではランドクルーザーのことをひ弱なSUVとして扱っているので、噂では次期ランドクルーザーにハイブリッドモデルが用意されるのではないかなどと言われています。

ハイブリッドモデルはエンジンの動力と電気モーターの動力を切り替えて走る低燃費のための車です。
確かに現在のランドクルーザーはカタログ燃費で最大6.9km/L、実燃費4km/L程度といわれているかなり燃費の悪い車です。

あれだけ大きなエンジンと2.5トン以上もあるボディを持つ車ですから仕方がないのかもしれませんが、ここ最近の風潮からすると少々売るのも難しくなっています。

そもそもランドクルーザーという車は燃費度外視で乗る車ですから燃費が悪いなどと言ってはいけないのですが、やはりここまで燃費が悪いのは実用的ではありません。

ランドクルーザーが最低でも200系レベルの動力性能と悪路走破性を持った形でハイブリッド化されるのであればいいのですが、現在のトヨタの持つ技術をもってしても、それは成し得ないでしょう。

そもそもこの話が持ち上がったのはトヨタの高級ブランド・・・いや高額ブランドであるレクサス店で販売する車をすべてハイブリッド化しますというところから始まったもので、ランドクルーザーもLXシリーズとして海外では販売されていることからハイブリッド化されるということが言われるようになったのです。

トヨタからは今のところ詳しいことは一切発表されていませんが、現在のトヨタの持つ技術や構成部品などから推測すると、ほぼRX450hと同じような車になるのではないかと思います。

RX450hは旧ハリアーのレクサス店バージョンでクロスカントリー4WDではなく、軟弱路線のクロスオーバーSUVとして作られている車です。


【スポンサードリンク】

エンジンは245psの3.5リッターV型6気筒NAエンジンで、電気モーターは前後に2つ、これはスペース的の大きな電気モーターをボンネット内に収めることができないことから前後に分けられているもので、フロントが167psの4JMモーター、リヤが68psの2FMモーターとなっています。

トータルで発生するシステムパワーは299psとなっており、制御系はプリウスと同じリダクション機構付THS-IIとなっています。

例えばこのシステムがそっくりそのままランドクルーザーに搭載されたとしたら完全にパワー不足役不足になるのは確実で、2.5トン以上の重たいボディをアップダウンの激しい条件の悪い道を走らせることはまず無理でしょう。

それならどうなる、エンジンをパワーアップするか、それとも4JMモーターよりももっとパワーのある1KMモーターなどを積むのか・・・。

そこまで大きなモーターを積むとなるとバッテリー容量もかなり大きなものが必要で、更なる重量増になってしまう可能性もあります。

それに信頼性はどうなのか?、砂漠の真ん中でインバーターがオーバーヒートすることはないのか?

そしてこれだけいろいろなものが付いてくると価格はどうなるのか?

やっぱり、ランドクルーザーを既存のものでハイブリッド化するのはかなり無理がありそうです。
これならディーゼルエンジン、それもここ最近話題になっているクリーンディーゼルエンジンを搭載した方のがよっぽどエコだと思います。


【スポンサードリンク】

▼ランクルはハイブリッド化されるの? ※実現してもRX450hレベルの・・・

【概要】
エコブームによってその効果も構造も全く知らない人たちが、国のエコ事業による税収の増加を狙った働きかけと、それに答えたトヨタの販売戦略によって「エコカー」という魔法の言葉に惑わされ、わざわざ高いハイブリッドモデルを買ってい…

Copyright (C) 2014-2019 ランクルファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.