ランクルのホイールについて

ランドクルーザーの足元を飾るならタイヤ交換と同時にホイールの交換が必須でしょう。

200系には純正部品として最大で20インチサイズの8.5Jのアルミホイールが付けられているのですが、トヨタらしいといってしまえばそれまでですが、無難なデザイン過ぎてかっこ悪いので、ここはもっとランクルにあったアルミホイールに変えてあげましょう。

ただ、ホイールを交換するのにはいろいろと制約があります。

まずはサイズ的なものですが、ホイールナットの数はいくつか?
ランドクルーザーは5つ穴です。

ホイールピッチ、PCDはいくつか?
ランドクルーザーは150㎜です。

オフセットはいくつか?
ランドクルーザーは+60㎜です。

最低でもこういったものがわかっていて、それがランドクルーザーにあっているかを調べなければなりません。

それからリム径や同時に交換することになるタイヤとのマッチングも重要なことです。

ただこういった難しいことはタイヤ専門店のスタッフならすべて知っていますので、車を持ち込んでそれを見せれば、例えインチアップしたり、リム幅を広くしたりする時でも適切なマッチングを行ってくれるでしょう。

さらにタイヤ専門店でホイールを選ぶと取り付けなどもきちんと行ってくれます。

素人整備のようにホイールナットもむやみやたらに強いトルクで締めるのではなく、トルクレンチを使って適切な締め付けトルクで締めてくれるので車にとってもやさしい仕上がりになります。

中には安くて程度の良い中古ホイールや、日本向けに正規輸入されていない輸入ホイールなども扱っているところもあるので、ホイールを変えるならこういった専門店もいいでしょう。

格安ホイールで人気のオートウェイでホイールを探す>>

そうすれば冬前にスタッドレスタイヤとホイールを購入するときに得するかもしれません。

しかし、どういうわけがランドクルーザーユーザーの中には大きく間違った方向のアルミホイールを付ける方が多くいます。

ホイールサイズは何と24インチオーバーでリム幅は10J以上、タイヤサイズも純正の285以上のもので完全にフェンダーからはみ出してしまっています。

デザインもレトロ調でランドクルーザーには絶対にあわないようなものだったり、やたらとメッキ加工されていたり・・・。

せっかくのランドクルーザーもこういうホイールに変えてしまうと、宝の持ち腐れになってしまうので、考え直してもらいたいものです。

そして何といっても驚くのが偏平率、何と35偏平以上です。

35偏平といったらスーパースポーツモデルなどで採用するようなものであって、ランドクルーザーには完全にオーバースペックです。

そしてタイヤは何とオンロードタイヤで、スポーツモデルやチューニングカーなどで使うハイグリップタイヤというものがついているではありませんか。

この人はランドクルーザーでどこを走る気でしょうか?
ランドクルーザーは悪路走るために作られたオフロードマシンです。

標準で20インチという大きなホイールを履いているのも50偏平のタイヤを履いているのもきちんとした理由があるからなのです。

大径ホイール、大径タイヤを履いているのは悪路を走った時に凸凹を乗り越えるため、トラクションを確実に伝えるため、そして50偏平となっているのは悪路走行時に道路の衝撃を吸収するためとタイヤがたわむことによって設置面積が広く取れるようにするためです。

そしてタイヤ自体も悪路で高いグリップ力を発揮できるように考えられたトレッドパターンになっているのです。

もし、24インチ35偏平のオンロードタイヤで悪路走行などしたらアルミホイールのリムはつぶれ、タイヤはパンクしそれこそ走れる状態ではないでしょう。

それでもこういったホイールを履きたいのであれば、それは選ぶ車を間違えていることになります。

やはりランドクルーザーは20インチ程度でブラッドレーやデイトナ、MKWといったようなヘビーデューティー用のアルミホイールを車検に引っかからないようにツライチになるようにマッチングしたものを履くべきです。

ただ、よく見かけるのですがハイエースと同じホイールを履いてはいけません。
ランドクルーザーはオフロードマシン、ハイエースは商用バンですからお間違えなく。

良質のランドクルーザーを相場より10万円安く買う方法!

ランドクルーザーなど中古車を買いたい場合、中古車情報誌や自宅周辺の買取店に何度も出向いて探すのが、これまでの常識というかキホンでした。

そこで今回、できるだけ良質のランドクルーザーを、そこらへんの中古車販売店よりも、ほぼ確実に安く買いたい場合の秘策を伝授します!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うランドクルーザーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

なびくるといえば、中古車買取業者としてお馴染みなのだが、実は中古車を探すサービスもやっていることは、意外と知られていません。

こんな便利なサービスを使わないなんて、ホントもったいない!

毎日500台、年間約60万台の車両が入荷されているので、中古車市場ではランドクルーザーの台数もかなり多く入ってきます。

もちろん、漠然とした条件しかイメージしていなくても、そこは中古車のプロの仕事。
あなたのライフスタイルにあった最高に1台を何度も提案しながら見つけてくれるから、もう言うことなし!

そして、家にいながら楽チンで車を探せるという便利なサービスでありながら、そこらへんの中古車販売店よりも格段に安いのです!

それもそのはず、普通の中古車ショップに並ぶ前の、まだ市場に出回っていない良質な非公開のクルマを先取りして優先的に紹介してくれるので、店頭に並ぶまでのいくつもの中間業者へ払うマージンがすべてカットされているから安いのです。

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったランドクルーザーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

もちろん、紹介されたからといっても、必ず買う必要はまったくありません。
実車を確認して、「条件に合ってはいるが気に入らない」「なんとなくビビっとこない」などを理由に断ってもまったく問題なく、キャンセル料なども一切かかりません。

そのうえ、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

修復歴があるクルマなども一切なく、保証は10年も付いていて、ローン払いでの購入も可能。
まさに、至れり尽くせりのサービスなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったランドクルーザーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

▼ランクルのホイールについて ※なにかと制約のあるホイール交換・・・

【概要】
ランドクルーザーの足元を飾るならタイヤ交換と同時にホイールの交換が必須でしょう。 200系には純正部品として最大で20インチサイズの8.5Jのアルミホイールが付けられているのですが、トヨタらしいといってしまえばそれまでで…

Copyright (C) 2014 ランドクルーザーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.