ランクルのメンテナンス性について

ランドクルーザーの性能維持には欠かせないのがメンテナンスです。

ではランドクルーザーではどこを見ておけばいいのでしょうか。

まずはブレーキ周りですが、ランドクルーザーはただ単に止まるためだけにブレーキを使うのではなく、走行安定性や悪路走破性を高めるためにもブレーキを使うので、この部分がおかしいといろいろな機能が損なわれることになります。

次にタイミングベルトですが、タイミングベルトを持っているのは200系に前期モデル2UZエンジンを搭載しているものまでで、現行モデルの後期型ではタイミングチェーンとなっています。

タイミングベルト交換は10万キロに達する前に行うとい良いとされていますが、できればもっと早い段階で行う方がいいでしょう。

タイミングチェーンの場合は基本的には交換不要ということですが、何かのトラブルのついでに交換するという手もあります。

それ以外のエンジンの補器類、ウォーターポンプ交換やパワステポンプ交換なども10万キロなどといわれますが、もっとその前に故障することが多いので2回目の車検の時に交換するとよいかもしれません。

それから意外と切れやすいナンバープレート灯の球切れですが、切れてからナンバー灯交換するのではなく、定期的に交換するのがいいでしょう。

シグナスポジションやポジションランプもしかりです。

それからオフロード走行では雨が降っていなくても使うワイパーですが、ワイパーブレードの交換だけでなく、ワイパーモーターにも大きな負担がかかりやすいので定期的に交換したいものです。

それと見た目を良くするためにハブの部分にワイドトレッドスペーサーを付けているものは、アクスルにかなりの負担がかかっています。

特にフロントのステアリング機構には大きな負担が生じてしまい、それが後々故障となることが多いので、できればワイトレを外すか、それでもつけていたい場合はかなりまめにチェックしておかないと出先で急にステアリングが効かなくなったということにもなりかねませんので、注意しましょう。

それとこれはあまりやってほしくないのですが、100系以前のディーゼルターボエンジンを搭載しているモデルで燃料噴射装置、燃料ポンプの改造、いわゆるポンプセッティングというものですが、これはエンジンにかなり負担をかけますし、黒煙も増えます。

今乗っている車を長く大事に乗りたいのであれば、この部分はぜひともノーマルに戻しておいた方がいいでしょう。

あとは外観ですがランドクルーザーという荒々しいイメージの車でもピカピカなボディが欲しいものです。

トヨタが施工するポリマーコートは最大でも6か月しか持ちませんので、それを過ぎたら再施工する必要があります。

ただ、わざわざポリマーコートをしなくてももっと効果の高いコーティング剤が市販されているのでそちらを購入して自分でコーティングした方がいいかもしれません。

エクステリア周りで一番気をつけなければいけないところが、防錆処理。

特に本格的なオフロード走行をしている方によくあるのですが、下まわりを打ってしまったり、ジャッキアップした時に塗装をはがしてしまったという時など、シャシーの金属がむき出しの状態でいると簡単に錆びてしまいます。

できるだけ早い段階で専用の防錆塗料など塗って防錆処理を行った方がいいでしょう。

このようなところがランドクルーザーのメンテナンスをするうえで特に注意してもらいたいところです。

基本的にランドクルーザーはメンテナンス性が悪い車です。

大きなボディをジャッキアップして下に潜り込んでというのもなかなか難しく、ついついディーラー任せにしてしまいがちですが、せっかく自分の車になったわけですからできれば自分の手でメンテナンスしてあげたいものです。

良質のランドクルーザーを相場より10万円安く買う方法!

ランドクルーザーなど中古車を買いたい場合、中古車情報誌や自宅周辺の買取店に何度も出向いて探すのが、これまでの常識というかキホンでした。

そこで今回、できるだけ良質のランドクルーザーを、そこらへんの中古車販売店よりも、ほぼ確実に安く買いたい場合の秘策を伝授します!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うランドクルーザーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

なびくるといえば、中古車買取業者としてお馴染みなのだが、実は中古車を探すサービスもやっていることは、意外と知られていません。

こんな便利なサービスを使わないなんて、ホントもったいない!

毎日500台、年間約60万台の車両が入荷されているので、中古車市場ではランドクルーザーの台数もかなり多く入ってきます。

もちろん、漠然とした条件しかイメージしていなくても、そこは中古車のプロの仕事。
あなたのライフスタイルにあった最高に1台を何度も提案しながら見つけてくれるから、もう言うことなし!

そして、家にいながら楽チンで車を探せるという便利なサービスでありながら、そこらへんの中古車販売店よりも格段に安いのです!

それもそのはず、普通の中古車ショップに並ぶ前の、まだ市場に出回っていない良質な非公開のクルマを先取りして優先的に紹介してくれるので、店頭に並ぶまでのいくつもの中間業者へ払うマージンがすべてカットされているから安いのです。

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったランドクルーザーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

もちろん、紹介されたからといっても、必ず買う必要はまったくありません。
実車を確認して、「条件に合ってはいるが気に入らない」「なんとなくビビっとこない」などを理由に断ってもまったく問題なく、キャンセル料なども一切かかりません。

そのうえ、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

修復歴があるクルマなども一切なく、保証は10年も付いていて、ローン払いでの購入も可能。
まさに、至れり尽くせりのサービスなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったランドクルーザーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

▼ランクルのメンテナンス性は? ※マメにチェックしておきたい箇所は・・・

【概要】
ランドクルーザーの性能維持には欠かせないのがメンテナンスです。 ではランドクルーザーではどこを見ておけばいいのでしょうか。 まずはブレーキ周りですが、ランドクルーザーはただ単に止まるためだけにブレーキを使うのではなく、走…

Copyright (C) 2014 ランドクルーザーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.