ランクルに左ハンドルはあるのか?

ランドクルーザーは2代目モデルとなる20系から国内だけでなく、主要国に輸出されていました。

北米やヨーロッパ、アジア、オーストラリア、アフリカ、中東など様々な国に輸出されており、車自体も輸出国にあわせてモディファイしたものを作り出しそれを送り出しているわけです。

となると当然ですが、左ハンドルのランドクルーザーは存在することになります。

ランドクルーザー・プラドも含めて、ランクル60系、ランクル70系、ランクル80系、ランクル100系、ランクル200系すべてにおいて左ハンドル仕様はあります。

ただ、日本仕様にあるかといったらそれは無理な話で、左ハンドルのランドクルーザーに乗りたかったら、海外向けのランドクルーザーを逆輸入しなければなりません。

前にこんな話を聞いたことがあります。これはランドクルーザーではないのですが、ある車で日本では当然売っていない左ハンドル仕様車が欲しくて、輸入代行業者を経てイギリス仕様車を逆輸入したらしいのですが、納車された車を見たらなんと右ハンドル!

そうです。イギリスは日本と同じ左側通行でイギリス仕様車も右ハンドル、要するに日本と同じということなのです。

外国向けということでハンドルの位置まで確認しなかったのでしょう。外国向けだからといって必ずしも左ハンドルではないということです。

ランドクルーザーにもイギリス仕様車やオーストラリア仕様車に右ハンドルのものがあります。

例えば、日本では発売されていないディーゼルエンジンのランドクルーザー200系を手に入れたいとか、今まで発売されていた70系を買いそびれてしまったからオーストラリアで今でも生産されている70系を購入するということであれば、むしろ右ハンドルであった方がうれしいのかもしれませんが、昔のように左ハンドルに一つのステータスシンボルを感じている人やランドクルーザー200系で左ハンドル、要するにディーゼルエンジンモデルに乗っていることをアピールしたい人たちにとっては、オーストラリア仕様車は買ってはいけないということになります。

かなり昔になりますが、一時期左ハンドルの輸入車に乗っていたことがありましたが非常に不便でした。

ETCなどなかった時代ですから、高速道路や有料道路の料金所では助手席に座っている人の一切のやり取りを任せたり、左ハンドルように作られて、棒の先に小さなクリップボードがついているものにお金や通行券などを挟んで渡したりしたものでした。

対人間ではない駐車場の料金支払機などがあった日にはいちいち降りてお金を払わなければならないので後ろが詰まっているときなどは精神衛生上あまりよろしくありませんでした。

それから一般道を走っているときなども路肩に寄せる時は結構ぴったりつけられるので重宝するのですが、片側一車線で対向車を確認しながら追い抜きをかける時は前の車からかなり離れていないと、対向車線を走ってくることが確認できないので難儀しました。

こういったデメリットがあるのにわざわざ左ハンドルを選ぶ必要はないかと思うのですが、やはりランドクルーザーといったらディーゼルエンジンということで海外仕様の左ハンドル車を逆輸入しなければならないようです。

逆輸入といってもピザの宅配のように電話一本で事が済むわけではなく、輸送費も高いですし、現地での価格も高いので相当お金がかかりますので、ここは中古車という手もありだと思います。

中古車市場を見ると逆輸入したランドクルーザーが結構あるものでほとんどが日本にはないディーゼルエンジンモデルだったり、ボディバリエーションだったりするのですが、なぜかガソリンエンジンモデルの日本でもういっているものが並んでいたりすることもあります。

逆輸入車といっても1度日本に入って登録さえしてしまえば、それは逆輸入車でも何でもなく、国産車と同じ扱いとなるので、中古車を買うとなっても特に大きなひようがかかるということはありませんのである意味履行なのかもしれません。

それに前のオーナーはわざわざ逆輸入してまでも手に入れたいと思っていた方ですのでランクルに対する思い入れも強く、メンテナンスもきちっと行き届いていることが多いようです。

左ハンドルのランドクルーザーが欲しくて、お金がない、手間がかかるのが嫌だという言う方は中古車市場を除いてみてもいいかもしれません。

良質のランドクルーザーを相場より10万円安く買う方法!

ランドクルーザーなど中古車を買いたい場合、中古車情報誌や自宅周辺の買取店に何度も出向いて探すのが、これまでの常識というかキホンでした。

そこで今回、できるだけ良質のランドクルーザーを、そこらへんの中古車販売店よりも、ほぼ確実に安く買いたい場合の秘策を伝授します!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うランドクルーザーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

なびくるといえば、中古車買取業者としてお馴染みなのだが、実は中古車を探すサービスもやっていることは、意外と知られていません。

こんな便利なサービスを使わないなんて、ホントもったいない!

毎日500台、年間約60万台の車両が入荷されているので、中古車市場ではランドクルーザーの台数もかなり多く入ってきます。

もちろん、漠然とした条件しかイメージしていなくても、そこは中古車のプロの仕事。
あなたのライフスタイルにあった最高に1台を何度も提案しながら見つけてくれるから、もう言うことなし!

そして、家にいながら楽チンで車を探せるという便利なサービスでありながら、そこらへんの中古車販売店よりも格段に安いのです!

それもそのはず、普通の中古車ショップに並ぶ前の、まだ市場に出回っていない良質な非公開のクルマを先取りして優先的に紹介してくれるので、店頭に並ぶまでのいくつもの中間業者へ払うマージンがすべてカットされているから安いのです。

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったランドクルーザーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

もちろん、紹介されたからといっても、必ず買う必要はまったくありません。
実車を確認して、「条件に合ってはいるが気に入らない」「なんとなくビビっとこない」などを理由に断ってもまったく問題なく、キャンセル料なども一切かかりません。

そのうえ、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

修復歴があるクルマなども一切なく、保証は10年も付いていて、ローン払いでの購入も可能。
まさに、至れり尽くせりのサービスなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったランドクルーザーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

▼ランクルに左ハンドルはあるのか? ※外国仕様でも右ハンドルが・・・

【概要】
ランドクルーザーは2代目モデルとなる20系から国内だけでなく、主要国に輸出されていました。 北米やヨーロッパ、アジア、オーストラリア、アフリカ、中東など様々な国に輸出されており、車自体も輸出国にあわせてモディファイしたも…

Copyright (C) 2014 ランドクルーザーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.