ランクルの年間維持費は?

口の悪い人がランドクルーザーのことをこう言っていた。

「ランドクルーザーは金食い虫だ」

確かに車両価格も高いし、燃費も悪く燃料費がかかるので、維持していくだけでもかなりの維持費がかかるだろう。

では実際にどれくらいのお金がかかるかか、200系のランドクルーザーと同じトヨタでSUVとしてつくられているラッシュとで比べてみることにしよう。

比べる期間は新車購入から3年目の車検までで、月に1,000km、年間12,000km走ったと想定しよう。

まずは車両購入だが、ランドクルーザーの一番高いグレードのZXグレードを購入したとする。

車両価格6,531,429円、自動車税が1年で88,000円、自動車取得税が163,200円、自動車重量税が3年分で73,800円、自賠責保険が3年で40,040円となり、税金や保険料などだけをあわせた金額は、約690万円となる。

これに対して、ラッシュは最上級グレードのG Lパッケージで2,260,800円、自動車税が1年で34,500円、自動車取得税が56,500円、自動車重量税が3年分で36,900円、自賠責保険が3年で40,040円となり、税金や保険料などだけをあわせた金額は、約250万円だ。

ただこれは車両価格が大きく違うので金額差も大きくなってしまっている。

問題はここからだ。最初の一年間にかかる維持費はまずガソリン代で、ランドクルーザーはカタログ値で6.9km/Lとなっているが、12,000km走るのに1,740リッター必要で、ハイオクガソリンがリッター160円計算で年間278,400円の燃料費が必要となるが、ラッシュの場合はカタログ値13.2km/Lとなっており、同じ12,000kmを走るのに910リッターで済み、なおかつレギュラーガソリン仕様なので、リッターあたり130円で計算すると、年間の燃料費は118,300円で済むのだ。

2年目はこれに初年度ではかからなかった自動車税がかかることになり、ランドクルーザーが366,400円、ラッシュが174,800円となる。

そして3年目だが、2年目の費用にさらに車検時にかかる費用が加算されるが、ここではわかりやすいように自動車重量税と車検費用10万円で計算するとランドクルーザーでは2年分の重量税が49,200円となり515,600円、ラッシュでは重量税が24,600円となるため299,400円となる。

新車購入後から初めての車検までの合計を出してみると、ランドクルーザーが1,160,400円、ラッシュが592,500円となる。

その差額、なんと約57万円!!・・・やはり相当の金食い虫だ。


【スポンサードリンク】

この計算では燃費も現実的ではないカタログ値を使っているし、ガソリン代もそれほど高くない時の金額、点検代も消耗品代も入っていない状態での数値なので、実際にはこれよりももう少し高くなるに違いない。

3年間の金額差で、もしかしたら軽自動車の新車が買えてしまうかもしれない。

特に大きいのが自動車税と自動車重量税で、これだけでかなりの差額を生み出しているのだ。

ランドクルーザーのような大きなエンジン、大きなボディを持つ車に乗るということは、それなりにお金がかかり、少なくても貧乏人には買えない代物ということなのだ。

ただ、これらの税金を安くする税金対策もないわけではない。
その一つが1ナンバー登録をするということだ。

ランドクルーザーは乗用車として作られているので大型乗用車として3ナンバー登録することになるが、同じランドクルーザーを1ナンバー、要するに大型商用車として登録すれば、自動車税は年間1,6000円、車検の時に支払う自動車重量税も年間12,300円で済む。

ただ1ナンバーをとるには、内装をそれなりの改造をしなければならず、さらに車検は毎年行うことになるのだ。

それでもかなり安くすることができるので、どうしてもランドクルーザーに乗りたい人はこういった方法もあると覚えておくといいでだろう。

あと、維持費が比較的安いランドクルーザー・プラドにするという手もあるにはあるが・・・

たった3分で、自動車保険料が半額になったリアルな方法とは!?

我が家では、自動車ローンに住宅ローンと、ローンで家計が圧迫して、どこかを削れないものかと模索してみた結果、自動車保険を見直すことにした。

昔からずっと入っていたのは、いわゆる代理店型の自動車保険で、その時の保険料は48,640円だった。

通販型にはちょっと不安もあったが、見積もりをいくつかもらって、金額とサービス内容で納得できれば、変えてもいいかな、という軽い気持ちで調べてみることにした。

そこで、試してみたのが「保険スクエアbang! 自動車保険」だった。

この保険スクエアbang!では、最大16社からの見積もりがまとめて取れるようになっているのだが、私が入力した条件で見積もりを取ることができたのは次の5社だった。

自動車保険の見積もりのハガキ・SBI損保
・アクサダイレクト
・ソニー損保
・イーデザイン損保
・アメリカンホーム・ダイレクト

どこも、通販型自動車保険では有名な会社ばかりで「キターっ!」と思った(笑)

入力は、3分もあれば終わった。とても簡単だった!

すると、どこの会社も1〜2日でハガキが届いた。
金額は、サービス内容によっていろいろなプラン提案があり、とてもわかりやすい。
だいたい1万円後半から、35,000円前後までいろいろなプランがあったが、サービス内容は、これまでの代理店型とほとんど変わらず、なんで今まであんなに高い保険料を払っていたんだろう、とちょっと後悔した。

ご自分の等級や家族構成などによっても、金額は変わってくるので、一概にこの保険会社が安くていい、とは言い切れないが、私は最終的に「SBI損保」に決めました。同じクラスの保険料を比較して、サービス内容にもほとんど差がなく、その中で1000円単位、数百円単位だったが、安かったのが決め手でした。最終的に保険料は22,120円になりました。

つまり、保険料は総額で26,520円も安くなったのだった(イェーイ!!)

どの保険会社さんも、ハガキでの連絡のみで、電話は一切かかってきませんでした。その後も、契約しなかった保険会社さんからもしつこい勧誘なども一切なく、あっさりと納得いく自動車保険の乗り換えに成功しましたので、本当にオススメです。

興味のある方は、ぜひ利用してみてください!!

一括見積もりできる主な保険会社

自動車保険の一括見積もりの登録は3分で終わります。
すると、あなたの条件やライフスタイルに合った格安の自動車保険を、数社が提案してくれるのでとても便利です。


【スポンサードリンク】

▼ランクルの年間維持費は?やはりお金持ちの車なのか!?真相を暴露

【概要】
口の悪い人がランドクルーザーのことをこう言っていた。 「ランドクルーザーは金食い虫だ」 確かに車両価格も高いし、燃費も悪く燃料費がかかるので、維持していくだけでもかなりの維持費がかかるだろう。 では実際にどれくらいのお金…

Copyright (C) 2014-2019 ランクルファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.