ランドクルーザーの走行性能は?

ランドクルーザーは、スポーツモデルのように整備された舗装路の上をものすごいスピードで走るために作られた車ではなく、いかに荒れた路面を走破することができるかというオフロード走行性能を極めた車だ。

なので、走行性能といっても0-400mや0-100km/h加速などのタイムをみて、車の走行性能を見るのはナンセンスなのだ。

あくまでも目前にある悪路をいかに走破して、いかに目的地に到着することができるのかというのが大事なのだ。

まずこの部分はしっかりと押さえておき、そのうえで走行性能を見ていくことにしよう。

まずエンジンスペック。

現行型の200系モデルは4.6リッターV型8気筒DOHCである1UR-FEエンジンを搭載している。

このエンジンは、北米向けのピックアップトラックであるタンドラやセコイアなどに搭載されているものと同じもので、ランドクルーザーにはさらにDualVVT-iと呼ばれる可変バルブタイミング既往が付けられている。

1UR-FE型エンジン自体はそもそもアメリカ向けの大排気量エンジンとして作られているため、どちらかというと日本人の好みというか日本の風潮とはちょっと違うエンジンとなっている。

エンジン排気量からしてオーバースペックなことからも、そういったことがよくわかるだろう。

また、馬力やトルクなどのパワースペックは、最大出力318ps、最大トルク46.9kgf・mとなっている。

4.6リッターもの大排気量エンジンでありながら318psと国産の2リッターターボエンジンモデルが軽く出すことができるパワーで収まっているのは、これもアメリカ人の好みということと、ランドクルーザーが最大出力で走るような車ではないからだ。

その分、最大トルクを見てみると、46.9kgf・mと数値自体はこのエンジン排気量を持つエンジンとしては一般的なものとなっているが、発生回転数が3400rpmとかなり低めになっているのだ。
エンジンのトルクカーブを見ても2000rpmぐらいから十分なトルクが出ている状態になっていることからも、このエンジンがエンジン回転数をあげてガンガン走るタイプのものではないということだ。

まさにオフロードマシンのエンジンと言っていいだろう。


【スポンサードリンク】

次に、トランスミッションだが、200系には6速の多段式オートマチックトランスミッションが搭載されている。

さすがのトヨタもオフロードマシンにCVTを積むことはないようだが、ここでできればマニュアルトランスミッションが欲しかったところだ。

オートマチックトランスミッションも楽でいいのだが、いざという時に頼りになるのは、やはりマニュアルトランスミッションだ。

スタックした時に脱出しようとアクセルペダルを踏み続ける状態が続くとオートマチックトランスミッションのトルクコンバーターは簡単に値を上げてしまうからだ。

トランスミッションのギヤ比としてはオフロードマシンであるため全体的に低め、特に1速はかなり低くなっているので、強力なトラクションを生み出すことができそうだ。

これがオンロードだったら2.5トン以上もある車体を軽々と走らせることだろう。

次に、サスペンションだが、これはあまりいただけない。

リヤサスペンションはコイルスプリングを用いたリンク式のリジットサスペンションなのでいいのだが、フロントサスペンションはオンロードを意識しすぎたためにダブルウィッシュボーンとなってしまったのだ。

ダブルウィッシュボーンというサスペンション構造は大きなストロークを稼ぐのには向かない構造で、さらに独立懸架なのでオフロードでは使い物にならない。

はっきりいって、足回り、特にフロントはダメな車なのだ。

これに電子制御式のフルタイム4WDシステムが付けられているので、悪路走破性はまずまずといったところで、正直子供だましとまでは言わないが、どう見てもこの車で生きるか死ぬかというようなオフロード走行はできないだろう。

どちらかというとスキーに行く時にわずかに積もった雪道を走ったり、ごつごつした石があるような河原で走るのを楽しむのに向いている車といっていいだろう。

本当のオフロードマシンの性能を手に入れるには、70系以前のモデルでなければ無理ということだ。


【スポンサードリンク】

▼ランクル200系の走行性能は? ※70系と比較すると子供だましな・・・

【概要】
ランドクルーザーは、スポーツモデルのように整備された舗装路の上をものすごいスピードで走るために作られた車ではなく、いかに荒れた路面を走破することができるかというオフロード走行性能を極めた車だ。 なので、走行性能といっても…

Copyright (C) 2014-2019 ランクルファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.