ランクルは車中泊が可能か?

ランドクルーザーのような車は、オフロード走行を楽しむだけでなく、キャンプやスキー、サーフィンなどのアウトドアレジャーに使われることが多いかと思います。

キャンプではテントを張って、タープを垂らして、屋外でバーベキューなどの料理を作るという方も多いと思います。

そういった時はランドクルーザーではシートを倒したり、ベンチシートの座面に寝転がって寝ることになりますが、どうしても座るために作られているシートに寝るというのは下がでこぼこしていたり、変な角度で寝なければならないので寝ていても結構厳しいものがあるでしょう。

こういうレジャーによく出かけるのであれば、いっそのこと車中泊仕様に改造してみてはいかがでしょうか。

車中泊といってもRVのように中にベッドを設置したり、キッチンを付けたり、トイレスペースを設けるということではありません。

そうしてしまうと普通の状態に戻すことが難しくなりますし、車検も取り直して8ナンバーにしなければならなくなります。

そうではなく、背中をまっすぐ伸ばして寝るスペースを作るといいうことです。

幸いにもランドクルーザーはロングボディであればかなりの室内寸法を持っています。

200系で見ると室内長2715㎜、室内幅1640㎜、室内高約1200㎜という、大型ミニバンやワンボックスバンに近い広さを持っているので、スペース的には全く問題はありません。

あとは寝る場所の形状ですが、ランドクルーザーのシートアレンジをもってすれば、ふらっとシート状態やサードシートを折りたたんで跳ね上げ、セカンドシートも短ブル機能をつかって前に跳ねあげれば、168センチ×90センチ程度の広さを持ったフラットなスペースをとることができますが、フロア面は結構デコボコしていますし、その状態にするのも一苦労です。

そこでおすすめなのが専門ショップなどが売り出している車中泊キットというものです。

これはシートアレンジの形状を利用してキャビン内に完全フラットなスペースを確保するもので、シートの形状や畳まれ具合にあわせて、専用設計がされているものです。

ものによって、パイプで組み立てるものや木製の箱状のものを置いて、その上に天板となる板を何枚か敷き詰めて広いフラット面を得ることができるように作られています。

200系の三列シートモデルであればセカンドシートはシートバックを前に倒した状態、サードシートは完全に跳ね上げた状態にし、リヤラゲッジスペースに高さをあわせた箱状の土台を置いて、セカンドシートからその土台のステーを渡し、そこの天板を敷き詰めていきます。

この場合、セカンドシートのシートバックを倒した高さが天板の高さとなり、それほど高くないので乗り降りもしやすいようです。

ちゃんとサードシートを跳ね上げた部分は避けられていますし強度もしっかりしているということでアウトドア派の方からは結構な人気があるようです。

ただ、法律上この形で人間が寝たままで車を走らせることはできませんので、走る時は一部の天板を外してセカンドシートに座る形をとります。

逆に取り外し式でどこにも固定されていないので、これらのものはベッドではなく、単なる荷物ということで、改造申請もいりません。

頻繁に車中泊するようなかたでしたらこういったものを導入する方が体が楽だと思います。

良質のランドクルーザーを相場より10万円安く買う方法!

ランドクルーザーなど中古車を買いたい場合、中古車情報誌や自宅周辺の買取店に何度も出向いて探すのが、これまでの常識というかキホンでした。

そこで今回、できるだけ良質のランドクルーザーを、そこらへんの中古車販売店よりも、ほぼ確実に安く買いたい場合の秘策を伝授します!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うランドクルーザーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

なびくるといえば、中古車買取業者としてお馴染みなのだが、実は中古車を探すサービスもやっていることは、意外と知られていません。

こんな便利なサービスを使わないなんて、ホントもったいない!

毎日500台、年間約60万台の車両が入荷されているので、中古車市場ではランドクルーザーの台数もかなり多く入ってきます。

もちろん、漠然とした条件しかイメージしていなくても、そこは中古車のプロの仕事。
あなたのライフスタイルにあった最高に1台を何度も提案しながら見つけてくれるから、もう言うことなし!

そして、家にいながら楽チンで車を探せるという便利なサービスでありながら、そこらへんの中古車販売店よりも格段に安いのです!

それもそのはず、普通の中古車ショップに並ぶ前の、まだ市場に出回っていない良質な非公開のクルマを先取りして優先的に紹介してくれるので、店頭に並ぶまでのいくつもの中間業者へ払うマージンがすべてカットされているから安いのです。

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったランドクルーザーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

もちろん、紹介されたからといっても、必ず買う必要はまったくありません。
実車を確認して、「条件に合ってはいるが気に入らない」「なんとなくビビっとこない」などを理由に断ってもまったく問題なく、キャンセル料なども一切かかりません。

そのうえ、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

修復歴があるクルマなども一切なく、保証は10年も付いていて、ローン払いでの購入も可能。
まさに、至れり尽くせりのサービスなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったランドクルーザーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

▼ランクルは車中泊が可能か? ※大型ミニバンに近い広さなので・・・

【概要】
ランドクルーザーのような車は、オフロード走行を楽しむだけでなく、キャンプやスキー、サーフィンなどのアウトドアレジャーに使われることが多いかと思います。 キャンプではテントを張って、タープを垂らして、屋外でバーベキューなど…

Copyright (C) 2014 ランドクルーザーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.