ランクルの車検について

これはランドクルーザーに限ったことではありませんが、車を購入して納車されてからのカーライフの中で1番まとまったお金が出るのは、おそらく車検でしょう。これがあるから安心して公道を走っていられるのですが、日本の車検制度は少々厳しすぎる面もあり、それから何と言ってもお金がかかりすぎます。

大きくて重たくでエンジン排気量もでかいランドクルーザーにおいては、これはかなり大きな負担になります。

200系のZXグレードでいえば最低でも法定費用として自動車重量税49200円と自賠責27840円、印紙代1100円の合計78140円がかかります。

これに車検代行料や整備代金、整備にかかった部品代などすべて合わせると相場的に20万円ぐらいは必要でしょう。

200系は乗用モデルの3ナンバーですので、5ナンバーや8ナンバーと同じように、最初の車検以降は2年ごとになりますが、そうでなくてもガソリン代がとんでもなくかかるのに、2年に1度もこのような大出費となってしまうはかなりの痛手です。

これを避けるために改造して商用車登録、要するに大型商用車の1ナンバーとして登録する強者もいるようです。

この場合は車検は4ナンバーと同じように毎年ということになるのですが、重量税が1年で12300円、2年換算で24600円と安くなりますが自賠責が2年で51260円かかってしまいます。

しかし重量税がかなり安く済むので、それでも安く上げることができるのです。

ただサードシートを取り外したり、セカンドシートのリクライニング機能が使えなくなってしまうという不都合もあるのでそう簡単にはできません。

一方、ランドクルーザーに多いカスタムしている車の場合はまず車検費用がどうのこうの言う前に、現状で車検をクリアできるのかどうかという方が気がかかりです。

特にランドクルーザーで行うカスタムは保安基準にひっかかる、いわゆる「通らないパターン」であることが多く、よく車検をクリアできなくて嘆いている方も多いようです。

よくあるのがサスペンションやボディリフトなどでハイリフトにしているもの、これは全高が3.8m以下でヘッドライトが120センチ以下、前方2メートル先にある1メートルの高さのポールが確認できる前方視界と左側面のポールが確認できる直前側方視界をクリアできていればとりあえず大丈夫です。

ただ、ボディリフトで基本構造を変更してハイリフトにしてあるものは構造変更手続きが必要となります。

それからヘッドライトもHID化したりバナーの色温度をあげたりすることがありますが、問題になるのが光の色、ヘッドライトの色は通常イエローかホワイトと決まっているのですが、色温度を上げすぎると青っぽい光になってしまうのでこの場合は車検をクリアできません。

あとよくあるのがタイヤのはみ出しです。

ぶっといオフロードタイヤはランドクルーザーに迫力を与えてくれますが、タイヤのはみ出しは完全のアウトです。

オーバーフェンダーを付けても全幅が広くなってしまうので改造申請を行わないと車検をクリアできません。

社外品のバンパーなどをつけて全長が変わってしまった場合も同じです。

それから100系まであったディーゼルの車検では、自動車NOx・PM法によって車検をクリアすることができない場合があります。

特に首都圏に住んでいる場合は規制が厳しくなっており、触媒を追加してもクリアできずに泣く泣く廃車に追い込まれるということもありますので、住んでいる地域にどういった自動車NOx・PM法が施行されているかを良く調べて、それに対する対策をとる必要があるでしょう。

最近ではユーザー車検など自分で車検を通す方もいますが、これを行うのはかなりの知識と根気と時間が必要になります。

確かに車検費用としてはかなり安く済ませることができますが、素人がいきなりできるというものではありません。

残念ですがディーラーや車検専門店などで行うのが今のところ一番いい方法かと思われます。

良質のランドクルーザーを相場より10万円安く買う方法!

ランドクルーザーなど中古車を買いたい場合、中古車情報誌や自宅周辺の買取店に何度も出向いて探すのが、これまでの常識というかキホンでした。

そこで今回、できるだけ良質のランドクルーザーを、そこらへんの中古車販売店よりも、ほぼ確実に安く買いたい場合の秘策を伝授します!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うランドクルーザーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

なびくるといえば、中古車買取業者としてお馴染みなのだが、実は中古車を探すサービスもやっていることは、意外と知られていません。

こんな便利なサービスを使わないなんて、ホントもったいない!

毎日500台、年間約60万台の車両が入荷されているので、中古車市場ではランドクルーザーの台数もかなり多く入ってきます。

もちろん、漠然とした条件しかイメージしていなくても、そこは中古車のプロの仕事。
あなたのライフスタイルにあった最高に1台を何度も提案しながら見つけてくれるから、もう言うことなし!

そして、家にいながら楽チンで車を探せるという便利なサービスでありながら、そこらへんの中古車販売店よりも格段に安いのです!

それもそのはず、普通の中古車ショップに並ぶ前の、まだ市場に出回っていない良質な非公開のクルマを先取りして優先的に紹介してくれるので、店頭に並ぶまでのいくつもの中間業者へ払うマージンがすべてカットされているから安いのです。

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったランドクルーザーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

もちろん、紹介されたからといっても、必ず買う必要はまったくありません。
実車を確認して、「条件に合ってはいるが気に入らない」「なんとなくビビっとこない」などを理由に断ってもまったく問題なく、キャンセル料なども一切かかりません。

そのうえ、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

修復歴があるクルマなども一切なく、保証は10年も付いていて、ローン払いでの購入も可能。
まさに、至れり尽くせりのサービスなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったランドクルーザーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

▼ランクルの車検は1年に1回? ※相場は20万円だが、安くする方法は・・・

【概要】
これはランドクルーザーに限ったことではありませんが、車を購入して納車されてからのカーライフの中で1番まとまったお金が出るのは、おそらく車検でしょう。これがあるから安心して公道を走っていられるのですが、日本の車検制度は少々…

Copyright (C) 2014 ランドクルーザーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.