ランクルの雪道走破性について

ランドクルーザーほどの優れた悪路走破性を持った車に乗っていると、ついつい必要もなく悪路を走りたくなるものです。

しかし、残念ながら日本の道路は整備が行き届いており、身近にそういったところを見つけるのも難しい状態で、わざわざお金を払ってそういった施設に行くのもいいですが、時間が限られてしまい、思ったように走れないというのが現実です。

そうなるとあきらめるしかなくなるのですが、幸いなことに日本には四季があります。

冬になれば山沿いでは雪が降って、そこが即席の悪路、雪道となります。
いわゆるスノーアタックです。

普通の車では完璧にスタックしてしまうようなところを、ランドクルーザーの雪道走破性を試すかのように走るのです。

しかし、スノーアタックをするのにはそれ相当の準備が必要です。
なぜなら雪山というのはほとんど交通量がないので、もし何かあったらそこでサバイバルしなければならないからです。

それから雪道走行のために知識の必要です。

スタックしたらどうするか、深い轍があったらどうするか、スノープラウで除雪されている路面はどう走ったらいいのかなど、いろいろな知識や対策を頭に入れておかなければなりません。

それから絶対に単独行動はいけません。必ず複数台で行って、スタックしてもけん引ロープを使って脱出することができるようにしておかなければなりません。

そして一番重要なのが車の準備です。タイヤはランドクルーザーといえどもノーマルタイヤはいけません。

本当だったらスパイクタイヤが一番といいたいところなのですが、現在の法律では使うことが禁止されているのでスタッドレスタイヤかそれ相当の性能を持つスノータイヤを履かなければ、生きて帰ってこられなくなります。

それから必ずタイヤチェーンは持っていきましょう。

それもゴム製ではなく、昔ながらの本当のタイヤチェーンです。

スタッドレスタイヤだったら必要ないのではと思われがちですが、スタッドレスタイヤは深い雪やフワフワと積もった新雪には向きません。

スタッドレスタイヤは雪かきがされた後の圧雪路やアイスバーンなどに向いているタイヤで、スノーアタックのような環境の雪道には弱い性質があるのです。

ですので、雪に深さに合わせてスタッドレスタイヤの上からタイヤチェーンを巻く必要がありますので必ず持っていきましょう。

それからスコップも持っていきましょう。

これはスタックした時にタイヤの周りの雪かきをするときにつかいますし、他のことにも使えますのでスノーアタックをするのであれば必ず1本は車の中に入れておきましょう。

それとスノーヘルパーなどとどいうスタック脱出用の板やボロボロでいいので毛布も一枚入れておきましょう。

スノーヘルパーはスタックしてタイヤ前後に差し込んでそこにタイヤをグリップさせてスタックを乗り切るもので、オフローダーは必ず複数枚持っているものです。

ただ、使い方を間違えるとスノーヘルパーが飛び出してくるので使う時はまわり人を置かない方がいいでしょう。

毛布もスノーヘルパーのようにタイヤの前後に敷いてグリップを復活させることができるものです。

これは泥道などでも使えるので、お古などを取っておいて車に積んでおくといいかもしれません。

それから運転方法ですが、走行性能の高いランドクルーザーと言えども、とにかく雪道では滑るということを頭に入れておかなければなりません。

とにかく急な行動を慎み、常に安全マージンをとった運転が必要です。

それから無理はしないということ、タイヤの半分も埋まってしまうような深い雪道ではいくらランドクルーザーだからといっても走破することはできません。

チャレンジすることはいいことですが、限界を知ることもそれを避けることもテクニックだと思います。

それからいつなんどきスタックしてもおかしくないと思って行動すべきでしょう。

スノーアタックは人に言わせれば無謀なことですが、万全を期して行えば決して危険ではありません。

むしろ雪道走行のテクニックの向上に繋がりますので1度は行っておきたいものです。

ここでマスターした走行テクニックがあれば、スノーボードへ行くときにも安心した運転することができるのではないでしょうか。

良質のランドクルーザーを相場より10万円安く買う方法!

ランドクルーザーなど中古車を買いたい場合、中古車情報誌や自宅周辺の買取店に何度も出向いて探すのが、これまでの常識というかキホンでした。

そこで今回、できるだけ良質のランドクルーザーを、そこらへんの中古車販売店よりも、ほぼ確実に安く買いたい場合の秘策を伝授します!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うランドクルーザーを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

なびくるといえば、中古車買取業者としてお馴染みなのだが、実は中古車を探すサービスもやっていることは、意外と知られていません。

こんな便利なサービスを使わないなんて、ホントもったいない!

毎日500台、年間約60万台の車両が入荷されているので、中古車市場ではランドクルーザーの台数もかなり多く入ってきます。

もちろん、漠然とした条件しかイメージしていなくても、そこは中古車のプロの仕事。
あなたのライフスタイルにあった最高に1台を何度も提案しながら見つけてくれるから、もう言うことなし!

そして、家にいながら楽チンで車を探せるという便利なサービスでありながら、そこらへんの中古車販売店よりも格段に安いのです!

それもそのはず、普通の中古車ショップに並ぶ前の、まだ市場に出回っていない良質な非公開のクルマを先取りして優先的に紹介してくれるので、店頭に並ぶまでのいくつもの中間業者へ払うマージンがすべてカットされているから安いのです。

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったランドクルーザーが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

もちろん、紹介されたからといっても、必ず買う必要はまったくありません。
実車を確認して、「条件に合ってはいるが気に入らない」「なんとなくビビっとこない」などを理由に断ってもまったく問題なく、キャンセル料なども一切かかりません。

そのうえ、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

修復歴があるクルマなども一切なく、保証は10年も付いていて、ローン払いでの購入も可能。
まさに、至れり尽くせりのサービスなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったランドクルーザーを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より10万円高く売るには

かんたん車査定ガイドディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

▼ランクルの雪道走破性について ※スノーアタックに必要な準備とは・・・

【概要】
ランドクルーザーほどの優れた悪路走破性を持った車に乗っていると、ついつい必要もなく悪路を走りたくなるものです。 しかし、残念ながら日本の道路は整備が行き届いており、身近にそういったところを見つけるのも難しい状態で、わざわ…

Copyright (C) 2014 ランドクルーザーファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.