ランクルの高速料金は?

ランドクルーザーで休みの日に高速道路を使って遠くまで遊びに出かける方も多いかと思います。

特に陽気が良くなってくるゴールデンウィークや仕方なく帰らなければならないお盆休みで大渋滞に巻き込まれながらもしぶしぶ出かけることもあるでしょう。

日本は道路環境がある程度整っており、北は北海道から南は沖縄まで高速道路網が発達しています。

連休の大渋滞はいただけませんが、空いている時であればかなり遠くまで快適に走ることができるでしょう。

しかし、日本の高速道路はアメリカのフリーウェイと違って無料ではなく、走行区間にあわせて変化する高速代を払わなければいけないのです。

自動車重量税を払っているのに、さらに高速料金も払わなければならないなんてまったく困ったものです。

高速料金は走行区間の距離だけでなく、車の種類によっても大きく変わってきます。

一般的には軽自動車・二輪車、普通車、中型車、大型車、特大車と5つに分けられていることが多く、ランドクルーザーはこのうち普通車と中型車に該当します。

普通車は3ナンバー登録のもので各モデルのワゴンモデルと200系すべてがこれに該当します。
中型車は1ナンバー登録のもので100系までのバンモデルがこれに該当します。

ということは、200系は基本的に1ナンバーは存在しませんが、3ナンバーのワゴンモデルと1ナンバーのバンモデルがある100系ですと同じランドクルーザー、同じVXグレードでも高速料金に差額が生まれるるということになります。

例えば東京から東名高速道路に乗って名古屋まで行ったとしましょう。

乗るインターチェンジは東京インターチェンジ、降りるインターチェンジを名古屋インターチェンジとすると、3ナンバーのワゴンモデルで7110円で済むのですが、1ナンバーのバンモデルですと同じルートを通っても8500円と890円も高くなるのです。

1ナンバーはトラックであり、たくさんに荷物を積んで重量がかさむため、その分道路を傷めるということで高速料金を高くするというのはわからない訳ではありませんが・・・


【スポンサードリンク】

しかし、同じ車なのに金額に違いがあるのは納得できません。

高い税金や燃費の悪さがあるため、ランドクルーザーを維持するだけでも大変なのにそのうえ1ナンバーだけ高い高速料金となるのは結構きついものです。

1ナンバーは3ナンバーより維持費がかからないといってもそれでも結構お金はかかります。

特にランクル70の高速料金はかわいそうです。
70系は基本的には高速走行が苦手であまりスピードが出ない、同じ距離走るのでも時間はかかるし、燃料もたくさん喰う、それで1ナンバーモデルは高い高速料金を請求されるのはある意味いじめです。

その点、同じ70系でもライト系プラドの高速料金は安くていいです、すべて乗用車登録で普通車の高速料金を払えばいいのですから・・・。

ただある意味、1ナンバーや3ナンバー、4ナンバー、5ナンバーというのは、グレーゾーン的なものが多く、どう見ても乗用車にしか見えない車が3ナンバーであったり、5ナンバーであったりしたり、逆に商用バンを無理やりワゴン化した車のように、この装備で5ナンバーなの?といいたくなるような車が当たり前のように売っているのがいけいないのかもしれません。

ですから、維持費だけを見て1ナンバーにするか3ナンバーにするかを決めるのは止めた方がいいかもしれません。

もし年間で何回も高速道路を使って遠距離走行をする方はもしかしたら3ナンバーのワゴンモデルの方が得するかもしれません。

100系の1ナンバーと3ナンバーでざっと計算してみると二年間の維持費で14万円の差額が生じます。その差額が高速道路の料金での差額で埋め尽くされるぐらい高速道路を多用する場合は3ナンバーの方がいいということになります。

例えば東京から兵庫県の西宮間で計算すると1ナンバーの方が片道で2180円、往復で4360円ほど高い料金を払うことになり、二年間で32往復以上走るのであれば3ナンバーの方がトータルで安くなる計算になります。

あり得ないことではないかもしれません。


【スポンサードリンク】

▼ランクルの高速料金は? ※1ナンバーと3ナンバーではどのくらい違う?

【概要】
ランドクルーザーで休みの日に高速道路を使って遠くまで遊びに出かける方も多いかと思います。 特に陽気が良くなってくるゴールデンウィークや仕方なく帰らなければならないお盆休みで大渋滞に巻き込まれながらもしぶしぶ出かけることも…

Copyright (C) 2014-2019 ランクルファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.