ランクルは5人乗り? 8人乗り?

現行型200系ランドクルーザーには、定員違いの2つのモデルがあります。

現在発売されている4つのグレードのうち、最上級グレードのZXグレード、標準グレードに高級装備を追加したAX Gセレクショングレード、標準グレードのAXグレードまでが8人乗り、廉価グレードのGXグレードのみが5人乗りとなっています。

8人乗りのものは2+3+3の三列シートで、5人乗りのものは8人乗りからサードシートを取り除いた2+3の2列シートとなっています。

ただどうなのでしょう?座席数が選べるといっても5人乗りとなっているのは廉価グレードのGXグレードだけで、あとは全て8人乗り、これで例えばGXグレードに最先端技術を使ったマルチテレインセレクトや4輪アクティブ・ハイト・コントロール・サスペンション&アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム、キネティックダイナミックサスペンションシステム、マルチテレインモニター、クルーズコントロール、HIDヘッドランプ、前後左右独立温度コントロールフルオートエアコン、本革製8WAYマルチアジャスタブルパワーシートなどが付けられているか、オプション設定されていればいいのですが、マルチテレインセレクトや本革シートなどはオプション設定すらされていないのでは、装備重視で選ばられることが多いランドクルーザーでは結局8人乗りだけが設定されているのと同じではないかと思うのです。

たとえ3人家族であったとしても3列目のシートを常に畳んでおけば5人乗りと同じですし、装備類は充実しているということで、だれもが8人乗りを選ぶのではないでしょうか。

人数が多いのでは困りますが、少ない分にはどうにでもなりますので・・・。

逆に5人乗りを選ぶ人も少ないのではないかと思います。

例えば維持費削減のために、1ナンバーへナンバー変更する人とか、オフロード走行をするためだけにランクルを購入し、余計な装備はいらないという方、仕事でも使うので広い荷室が欲しかったなどという方ぐらいしか買わないのではないでしょうか。

8人乗りの場合はある意味、ミニバンとしても使えますので需要は高いことでしょう。

よく夫婦2人だけとか、子供が一人だけという少人数の家族でも大型ミニバンなどを買う人がいますが、そういった使い方もOKだと思います。

8人乗りであれば、5人乗りより座席配置のパターンが多く、一列に1人ずつなどゆったりと座ることもできますし、買い物に行って荷物がたくさん増えてしまった場合でも、かなりたくさん乗せることができるので8人乗りもアリです。

大は小を兼ねるといったところでしょうか。


【スポンサードリンク】

しかし、相変わらずトヨタという自動車メーカーはこういった車のサードシートを作るのが下手なところです。

最上級グレードのZXグレードなど電動式でサードシートをたたむ機能が付けられていますがはっきり言ってそういった機能はいりません。

そんなことより下位グレードの様な手動折り畳み式でいいので、サードシートの座面のクッションの厚みを増した方がいいと思います。

実は200系のサードシートに長時間座って移動したことがあるのですが、快適だと思っていられるのは最初の1時間ぐらいまでで、そのあとは車の上下運動に合わせて座面の底付きを感じてしまい、座る位置を何度も何度も変えなければ座っていられない状態になってしまいました。

これはアルファードやエスティマ、ノアやヴォクシーなどにも言えることなのですが、座席を用意したのであればたとえそれがサードシートでもしっかりと作るべきです。

見た目も実際の座り心地も最悪というのが200系のサードシートの感想です。

それと、少々定員が多すぎであるというきらいもあります。

これが80系以降のランドクルーザーがバカにされる理由になのでしょうが、あまりにもSUVにあまりにもワゴン化しすぎました。

バリバリのオフロードマシンであった70系の時代には、5人乗りの2ドアFRPトップや3ドアハッチバックモデル、二人乗りのピックアップトラックなどまで多彩なボディバリエーションがあったのです。

さすがにピックアップトラックまでは必要ないとしても200系でもショートボディの5人乗りなどがあったらもっと売れていたのかもしれません。


【スポンサードリンク】

▼ランクルは5人乗り?8人乗り? ※5人乗りを選ぶ人が少ない理由とは・・・

【概要】
現行型200系ランドクルーザーには、定員違いの2つのモデルがあります。 現在発売されている4つのグレードのうち、最上級グレードのZXグレード、標準グレードに高級装備を追加したAX Gセレクショングレード、標準グレードのA…

Copyright (C) 2014-2019 ランクルファン必読!言いたい放題!辛口激ヤバ情報研究所 公式サイト. All Rights Reserved.